BEGINNING OF THE NEW TRADITION

AI機能

AI(人口知能)とは

言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術のことを言います。
人工知能の研究には二つの立場があります。一つは,人間の知能そのものをもつ機械を作ろうとする立場,
もう一つは,人間が知能を使ってすることを機械にさせようとする立場です。
弊社のめざしているのは後者に相当します。

弊社では人工知能の研究のうちの推論と学習に相当するものを扱っています。
「推論」とは知識をもとに,新しい結論を得ることです。
「学習」とは情報から将来使えそうな知識を見つけることです。

機械学習
観測センサーやその他の手段で収集されたデータの中から一貫性のある規則を見つけだそうとする研究です.
数学の統計の分野と強い関連があります.

推論
いろいろなルールを統合して矛盾のない答えを導き出すための手法です.

探索
データの集まりから条件に合うものを見つけだす手法です.

以下にpHAIに搭載されているAI機能を紹介します。

AI Eco機能

センサ応答を判断して

センサーの応答状況を判断して、自動的に測定間隔が変わります。
安定時は5秒(標準)、もしくは3秒(高感度)の測定間隔となり、省電力化します。
センサ応答が大きい場合は通常(1秒)の測定間隔となります。
この機能を利用することにより、電池寿命を長くすることができます。

AI Ecoモードを使用した測定例

AI スムージング機能

センサ応答を判断して安定しているときは軽度のスムージング処理をします。
データ処理が軽くてすみます。
センサ応答が大きい、 又は激しいときは強度のスムージング処理を行います。
これらの処理を自動的に切り替えるAIスムージング機能を搭載しています。

AIスムージング機能を使用した測定例

ノイズが多い場合

このデータは意図的に静電ノイズを負荷したときの例です。

ORP測定例

水道水を10分間測定したあとにハイポを投入した例です。

2種のスムージングについて

スムージング(軽)はデータ点数が少なく済み、複雑な計算を必要としないので
タブレットへの負荷も少なく軽快に動作します。が、全体を平滑化する傾向があります。よって、センサ応答が安定している場合に適します。
スムージング(強)はデータ点数がある程度必要で、複雑な計算もしますが、センサ応答の骨格を残しつつ、ノイズだけを除去する特性があるので、センサ応答が大きい場合に適します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL ・Fax 0774-84-6103 月~金:9:00 AM-5:45PM

Copyright © monotone technology Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.