前々からやろうとしていた、VCLフォームとFireMonkyフォームの合体をついに実現。
というのも、画像ファイルを扱うには、FireMonkyを使ったほうが、圧倒的に
簡単で、Effectも多種揃っているため。

で、今回は、モバイル端末で撮影した画像データをWifi経由で受信するレシーバーアプリとして
製作。

左のフレームがFireMonkyフォーム。
画像の領域選択枠も簡単に追加。
画像をCropして保存にも対応。

こういった手法もどんどん取り入れていく予定です。