弊社の業務システムを開発する中で、帳票の入出力は必ず、必要となるものです。
書類送付状・見積書・請求書・納品書・注文書等、代表的なもの。
また、経費申請とかの社内向けのものとか多数あります。

こういったものを簡単に作れるようにできないかと昨年末より試行錯誤していましたが、
ようやく、雛形が完成。
この例では、見積書ですが、他の帳票にもあっという間に早変わりできる仕様。

Excel出力ベースですが、PDF出力も可能です。が、PDFの場合、帳票の設計に時間がかかるので、
あえて、Excelとしました。

基本画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起動時の画面。
水色のところが入力できるところです。

画面2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

データベースと接続しているので、顧客名などは、選択できます。

画面3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定型の文書も帳票の種類によって簡単にカスタマイズ登録できます。

画面4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自社情報もデータベースから引っ張ってきてます。

画面5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品コードも登録データベースから選択できます。

画面6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品コードを選ぶと自動的に商品名と単価が表示されます。

画面7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個数を入力すると金額が計算され、見積金額が表示されます。

画面8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面下部。

 

帳票作成機能として一般的なものを備えています。

同じ見積書でも違うフォーマットにしたいだとか、他の帳票を作成するのも簡単にできます。

これで、弊社の業務システム開発がどんどん進むことと思います。
ここで得たノウハウを持って、他社様のシステムにも簡単にカスタマイズ適用できますので、
こういった、システム開発も安価で行うことが可能となりました。

興味がございましたら、お気軽にお問合せください。