BEGINNING OF THE NEW TRADITION

検査装置システム製作

  • HOME »
  • 検査装置システム製作

検査装置システム等の受託開発

弊社代表は、分析装置製造メーカーに約30年間勤務した経験から、このような、検査装置のシステムは、社内向けには、古くから製作しておりました。
また、もともと、分析化学者でありますので、装置を制御し、、装置から、データを取得し、データを解析するといったところまで、一貫したシステム
の開発をご提供することができます。
特に、取得したデータを解析するところは得意とするところであります。
現在、注目されている、AI(人工知能)で採用されているデータ解析法なども用いてデータを解析します。
解析した結果を装置や検査システムにフィードバックして、さらに生産性。品質向上へと導くことも可能になるかと思います。

このように、ただ、検査結果を取得するシステムではなく、さらに、1歩進んだ、検査システムを提案いたします。

MultiDataLogger+検査システム

 USBによるシリアル通信機能とA/Dコンバータによるアナログ電圧取得機能の両方を備えた、Multi Data Loggerを製作し、
それを、操作し、装置を制御するソフトウェアと組み合わせで、検査システムを製作しました。

Multi Data Logger

 

USB接続ポート側

Micro USB端子となっており、PCと接続し、電源供給とデータ入出力
共用となっております。

 

 

 

アナログ入出力端子側

こちらには、計測機器などの装置を接続します。
アナログ入力側です。

 

 

このように、シリアルデータ通信とADコンバータの両機能を備えたデータロガーというのは
非常に珍しいものです。
PC側はUSBケーブル1本の接続、つまり、シリアルポート1つでAD変換データ
とシリアル変換データの両方の送受信が行えます。

現在は、さらに機能を拡張し(最終的にはWifiなどの無線対応)、性能を向上させた
上位機種を現在、開発中で、近日、発表予定です。

マルチデータロガー制御用アプリケーションソフト

 

マルチデータロガーからデータを採取したり、接続した機器をシリアル通信で制御したりするための
アプリケーションソフトウェアも提供しております。

AD変換測定画面

4チャンネル同時計測が可能です。

 

 

 

シリアル通信測定画面

シリアル通信仕様によって、測定チャンネル数等は変わってきます。

 

 

 

基本はこういった測定画面(上の2つも同じと言えば同じです)が中心となり、通信の仕様が増えれば、その分画面も
増えるといった形となります。

シミュレータを使用してのデバッグ

 

こういった、複数の通信方式を制御するデータロガーならびにアプリケーションソフトの開発に
おきましては、やはり、実際に測定・制御する実機と組み合わせての試験を行わないと
何が起こるかわからないということから、実機との組み合わせ試験が必須となります。
が、いきなり、実機試験に臨んで、思わぬ不具合が発生し、その対処に時間が追われるという
状況は避けたいものです。

この対応としまして、弊社では、実機とほぼ同等の動作(通信仕様範囲においてのみ)する、
シミュレータソフトウェアを作成し、本番さながらの状況下で、弊社内で、じっくりと
模擬実機試験を行い、ハードウェア、ソフトウェアの信頼性をあげてから、実機試験に
臨むこととしております。

シミュレータソフト動作中画面。

 

 

 

 

アプリケーションソフト、ならびに、シミュレータソフトは、カスタマイズ製作を行いますので、
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL (代表・Fax)0774-84-6103 月~金:9:00 AM-5:00 PM

Copyright © monotone technology Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.